隠しファイル”.smbdeleteXXX”って何?

 

花粉がきつい。繁栄を邪魔する気はないけど攻撃はやめてほしい。にぃくです。

さて、いつも通り私は夜通しの動画エンコード(数分の動画でも数時間かかることもある)を行っていました。

大体、CPUを占領する割に時間がかかるので、寝るタイミングや退社のタイミング、サブマシンのタスクに当てておくのが半ば常識になっています。

翌朝。

楽しみにまっていた動画を見てみると

隠しファイルのsmbdeleteの意味とは

なにこれ?

消されるためだけに生まれてきたようなファイルですね。

しかもやたらとデータサイズが大きく、700MB〜 くらいあります。あれ?書き出されているはずの動画データのサイズに似ていますね。これ嫌な予感のやつだ。

………。

んでもって、楽しみに待っていた書き出されているはずの動画データがありません。この時点でシックス・センスが的中。+。:.゚(‘ω’`)゚.:。+゚

………調べてみると、SMB(Server Message Block)接続先でデータを更新する際に、macOSがおそらく必要だからと作っているデータだそうな。

普段から隠しファイルも監視しているつもりですが、動画データの書き出しに失敗すると出てくるファイルのようで。つまりこれは………さ。

動画データを書き出し指示する(A) → 一時的な書き出し経過ファイル.smbdelete的なものを保存している(B) → 最後に正常に終わるときには邪魔だから消す(C)

B→C の間で下手こいちゃった +。:.゚(‘macOS’`)゚.:。+゚

ということでしょう。

………

このあと無茶苦茶 削除した。

動画の書き出しはデスクトップとかデスクトップとかローカルで行うことにします。ばーか!!!

キャラクターサイズは等身大。夜の時間をもっと特別に。

にぃくすらんど│Nyc's Land 2次元抱き枕カバーの販売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます。

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!